菌ピタ君

足の匂いインソール おすすめ キャンペーン実施中!




>>菌ピタ君 公式サイトはこちらから<<


あの嫌な靴の臭い対策にはこれ!

 

一日の仕事や学業を終えて帰宅したらまずすることは靴を脱ぐこと。

 

 

この時は一日の作業を終えて一番「ほっとする」至福の時ですが、その雰囲気をぶち壊すのが蒸れた靴と足の臭い、そして靴箱にこもった臭いですね。

 

 

あれは本当に辟易します。

 

 

日頃から清潔にしているつもりでも靴や足はどうしても臭ってしまいます。

 

 

仕事おわりで宴会する時に入った居酒屋が和室だったりしたらもう最悪!

 

 

靴を脱ぐのをためらってしまうことってありませんか?

 

 

しかし、こうしたお悩みにしっかりとした効果でお応えするのが今回紹介する「菌ピタ君」なのです。

 

 

これを使っただけでどうしても取れなかったあの嫌な臭いが気にならなくなり、しかも靴箱からもあの臭いが消滅したという反響が続々と寄せられています。

 

 

では一体なぜ綺麗に洗ったつもりでも足と靴は臭うのか?

 

 

そしてどうして「菌ピタ君」を使うと臭いが気にならなくなるのか?その秘密をしっかりとお伝えしていきたいと思います。

 

なぜ足と靴の中は臭うのか?

 

では、まず最初のお題は「なぜ足と靴の中は臭うのか?」という根本的な疑問からです。前のパートでも説明したように毎日ちゃんと洗っているのに翌日には臭ってしまうのが足と靴の中です。

 

 

こうした靴が並べられている靴箱の中は臭いのるつぼ!これはちょっと嫌!

 

 

どうにかしてしたいものですよね。消臭剤を置いてみたり、風を通してみたりと色々工夫をしながら対策を立てている人もいると思いますが、なかなか思うような効果が得られていないというのが現状ではないでしょうか?

 

 

そもそも足や靴がどうして臭うのかというと、それは雑菌が繁殖する際にでるアンモニアや硫化化合物などの臭気成分のせいです。

 

 

これらの雑菌はタンパク質を餌にして湿気の高いところを好んで生息しています。

 

 

そして足は汗腺が集中しているため汗が出やすいところ。

 

 

つまり、一日中履きっぱなしの靴の中は冬場でも蒸れて汗をかくので臭いの原因菌にとっては格好の生活環境なのです。

 

 

そして毎日入浴時に洗っているつもりでも、靴下やストッキング、そして靴の繊維そのものには雑菌は付着したままです。

 

 

ほんのちょっとでも菌が残っていると一時的にケアしたつもりでもあっという間に臭いの原因菌は増殖していきます。

 

 

だから翌日にはまた臭ってしまうということの繰り返し。

 

 

それなら一体どうすればより確実な臭い対策が取れるのでしょうか?

 

 

その原因はとてもシンプル、「臭いの原因菌が生活しづらい環境にすればよい」のです。

 

その臭い対策で本当にいいの?

 

このパートでは日頃皆さんがとっているであろう足の臭い対策を取り上げていきたいと思います。

 

 

最も一般的な対策として思い浮かぶのは「制汗スプレーや制汗剤の使用」ですね。

 

 

これは汗が足の臭いの原因だと思っている人が多いからだと思われます。

 

 

しかし汗は本来無臭で汗による湿気を臭いの原因菌が好むことはあっても滅菌しているわけではないので汗を抑えるだけでは根本的な対策にはなりません。(一時しのぎとしては効果的かもしれませんが・・・)

 

 

しかも日常的に使用していると汗とともに排泄される毒素や老廃物が皮膚の近くにたまり続けたり、制汗剤に含まれている重金属成分が肌の抵抗力を低下させることで雑菌が繁殖しやすい環境になったりと逆効果になる可能性もあります。

 

 

加えて、制汗スプレーや制汗剤では靴の繊維に残っている原因菌までは対処できないので、対策としては今ひとつと言えます。

 

 

続いて思いつくのは「脇の下に塗るタイプの臭い対策クリームやスプレー」です。

 

 

これらは臭いの原因菌を殺すというよりも「マスキング効果」というもので悪臭を相殺するような臭いやさらに強い芳香で悪臭を目立たなくしているタイプが多く、こちらも根本的な解決策にはなっていません。

 

 

せっかく使用しても数分後にはマスキング効果が薄れすぐに臭いがしてしまいます。

 

 

最後にあげる対策は「足を念入りに洗う」という方法です。

 

 

これなら足に残っている原因菌を洗い流すことはできるので、その晩のうちは大丈夫ですが、先にも述べた通り靴に残った原因菌対策にはなっていません。

 

 

また足をゴシゴシと強くこすることで皮膚が傷つき抵抗力が弱まり結果として原因菌の繁殖を助ける形になってしまうこともあります。

 

 

こうした対策がどれも今ひとつ効果にかけるのがこれでおわかりいただけたと思います。

 

 

前述したように足の臭い対策は

 

  • 足を清潔に保つこと
  • 靴に残っている原因菌対策をしっかりと取ること

 

この2点に集約されます。そうすれば臭いの原因菌が繁殖しづらい環境にすることができるからです。

 

 

臭いの元を断つので靴箱内も臭いがこもらず、時間の経過とともにさらに臭いが弱くなっていきます。

 

 

「菌ピタ君」ならこの2つの消臭対策がしっかりと取れるのです。

 

靴箱を開けても大丈夫?そんな驚きの消臭効果の秘密とは?

 

しばらく使い続けることで靴箱を開けた瞬間もあの嫌な臭いがしなくなるという根本的な対策が可能となる「菌ピタ君」の正体は“インソール(中敷)”です。

 

 

一般的なインソールも臭い対策として「活性炭」が用いられていますが、「菌ピタ君」ではさらに消臭効果が高い「備長竹炭」を使用しています。

 

 

活性炭と備長竹炭の消臭効果の違いは歴然で、活性炭では新品のうちは消臭効果が高いものの使い続けていくうちに空気中の湿気や原因菌の餌となる汚れを吸着するとすぐに孔が塞がれてしまい消臭効果が弱まってしまいます。

 

 

その点備長竹炭はこの弱点を見事に克服し、長期間使い続けても消臭効果は衰えません。

 

 

備長竹炭の消臭効果の秘密

竹炭は日干しを行うと吸着していたものを放出するという特徴があります。

 

 

活性炭では吸着した臭いの原因物質はそのまま抱え込んでいるので時間の経過とともに効果が薄れていきますが、活性竹炭を用いることで靴を脱いで風通しの良いところに置いておくか、一度日干しを行うことで半永久的に効果が持続するのです。

 

 

さらに竹炭には活性炭には含まれていない抗菌成分の「活性ケイ素」という物質が含まれていて、使用中も効果的に原因菌を減らしてくれるというわけなのです。

 

 

備長竹炭と備長炭の違いとは?

備長竹炭と活性炭の消臭効果の違いはこれでご理解いただけたと思いますが、私たちが普段よく耳にするのは「備長炭」であって「備長竹炭」ではありませんね。

 

 

この両者にはどのような違いがあるのでしょう。

 

 

まず「備長炭」という木炭ですが、こちらは材料となる木材を1000度近い高熱で一気に焼き、金属のような硬度を持つ木炭のことになります。

 

 

一般的な備長炭の一大産地である和歌山県付近では県の特産品でもある梅の木が備長炭の原料として用いられることが多いのですが、こちらはコストが高く活性ケイ素も含まれていないためインソールの素材としては不適切です。

 

 

その点、この商品の備長竹炭は標高500m以上の高地で生息している孟宗竹のみを使っています。

 

 

孟宗竹は日本で最も多く取れる竹で、国土の7割が森林地帯であるわが国では豊富に取れる原料です。

 

 

この孟宗竹を高温で焼くことで吸着孔は通常の竹炭のおよそ2.3倍、炭1kgあたりで表面積が700平方メートルにも及ぶと言われています。

 

 

つまり、それだけよく汚れや湿気を吸い取ることができるというわけです。

 

 

そして、市販されている一般的なインソールの場合は一つの金型で作られているため、購入後足のサイズに合わせてハサミで切る必要性がありましたが、菌ピタ君の場合は11のサイズがラインナップされているためこうした手間も不要です。

 

 

それに加えて薄くて軽いのでオフィスや学校でサンダルや内履きに履き替えるときにも手軽に使えます。

 

 

これで一日中原因菌の発生を抑制してくれるので次第に靴箱の中も臭いがしなくなる=原因を元から断つことになるのです。

 

 

*靴のサイズは内部のサイズを測るようにしてください。

 

 

 

足臭を強力に消してくれる話題のインソールです。

 

足の臭いにお悩みの方は菌ピタ君を試してみるといいでしょう。

 

 

こちらの商品は足の臭い対策に効果的なインソールで、一日履いた靴も臭いが気にならなくなると評判です。

 

 

実際に使用した方のうち何と93%が満足したと回答しているので、初めての方も安心して購入できるでしょう。

 

 

自分の足の臭いに悩んでいる方は多いですから、座敷で靴を脱ぐことに躊躇ってしまうこともあるでしょう。

 

 

菌ピタ君を始めれば、いつでもどこでも自由に靴が脱げるようになるはずです。

 

 

そもそも足が臭ってしまう原因は雑菌が出す排泄物による腐敗臭で、繁殖した雑菌が腐敗臭を増加させています。

 

 

これがイヤな臭いを作り、自分自身がコンプレックスとして抱えて込んでしまうのです。

 

 

足が臭い人と職場で噂になっていないか、消臭スプレーを使っても根本から悩みを解消できないとお悩みなら、雑菌を繁殖させない環境に改善することから始めましょう。

 

 

足の臭い対策インソールである菌ピタ君には全部で6つのポイントがあります。

 

 

1つ目は消臭効果が持続的に続くことで、従来のインソールに使われる活性炭と菌ピタ君に使用している備長竹炭を比較すると、アンモニア消臭効果に大きな違いがあることが分かります。

 

 

残留ガス濃度を測る実験では4倍以上も改善しています。

 

 

2つ目のポイントは雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性にあります。

 

 

靴の中が湿った状態では雑菌が繁殖しやすくなり、イヤな臭いを余計に強くしてしまいます。抗菌性と吸湿性に優れたインソールは、一年中蒸れにくくさらっと快適な状態が保ってくれます。

 

 

3つ目のポイントは雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質を溜めにくい環境にしてくれることです。

 

 

足と接触する部分がメッシュになっているので皮脂や垢、角質がしっかり留まって靴の中に臭いを残さずに済むのです。

 

 

4つ目のポイントはサイズが豊富に揃っている点にあります。一般的にインソールは一つの型で販売されており、自分の足のサイズに合わせて切り取る作業を行う必要があります。

 

 

表示されている目盛り通りに切り取らなくてはならないため、買い替える度に面倒だと感じている方は多いでしょう。

 

 

その点こちらのインソールは11種類ものサイズが揃っていて、小さいサイズから大きいサイズまで豊富に販売しています。

 

 

サイズの選び方は公式サイトに記載されていますが、靴の中のつま先からかかとの部分までを計測してからサイズを指定しましょう。

 

 

インソールの先端はとがっておらず、折れ曲がりにくいつくりになっているので履き心地の良さが実感できるでしょう。

 

 

 

1日わずか30秒のお手入れで足のニオイから解放される!

 

 

5つ目のポイントは靴に装着しやすいことです。

 

 

薄くて軽い素材でできているので、どのようなタイプの靴でも簡単に装着できるようになっています。

 

 

わずか30秒でサッと装着できるので、急いでいるときも時間を取られることがありません。

 

 

6つ目のポイントはデザインがシンプルで目立ちにくい点にあります。臭い対策として販売されているインソールを使用していることは他人に知られたくないという方がほとんどでしょう。

 

 

こちらのインソールは元々靴に付いていたように目立たないデザインですから、男性も女性も安心して使用できます。

 

 

靴はもちろんですが、女性が履くパンプスやスリッパなどにも装着できます。

 

 

菌ピタ君はこれまで数々のメディアに掲載されており、注目度の高い商品です。

 

 

靴の臭いを解消したいビジネスマンだけでなく、オシャレにこだわる女性にもおすすめです。

 

 

機能性と安全性の両方を兼ね備えていることも特徴の一つです。

 

 

良い商品を提供している工場だけに与えられるISO認証を取得していますから品質にこだわる方も安心して選べます。

 

 

消臭性の試験ではイソ吉草酸や酢酸、アンモニアといった悪臭の減少率は何と99%から95%と非常に高くなっており、確かな効果が実感できます。

 

 

実際に使用した方の口コミには、消臭スプレーや制汗クリームを使うことがなくなった、靴下を履き替えなくて済むようになった、靴が長持ちするので経済的、靴の中がサラッとしていて快適といった喜びの声が多く寄せられています。

 

 

菌ピタ君は全部で11種類のサイズが揃っており、サイズ交換にも応じているので安心です。

 

 

希望小売価格は4足7560円の商品ですが、お試しキャンペーンを利用すると34%引きの4980円というお得な価格で購入できます。

 

 

お試しキャンペーンには30日間の返金保証が付いていて、1足使用した後でも判断することができます。

 

 

またクレジット決済か銀行振込を選択した場合は送料も無料になり大変お得です。

 

 

代金引換を利用した場合は手数料が発生することが一般的ですが、こちらの商品は手数料無料で届けてくれます。

 

 

お試しキャンペーンを利用して商品を注文するときは、公式サイトにある専用フォームを利用しましょう。

 

 

厳格な品質管理体制で一足ずつ丁寧に縫製しているため、実際に手に取った方は高い品質が実感できるでしょう。

 

 

 

人前で靴が脱げないほどの足臭でお悩みの方に!

 

 

蒸し暑い夏やブーツを履く冬など歩き回った後は、足のニオイが気になるということは多いと思います。

 

 

特に臭うのが足の裏ですが、原因は汗と繁殖した雑菌が問題になります。

 

 

汗には、全身に存在しているエクリン腺と、脇や乳首、耳などの特定の場所にあるアポクリン腺から分泌されるものの二種類があります。

 

 

ワキガになるのは鉄分やたんぱく質、アンモニアなども含んで分泌されるアポクリン腺から出る汗ですが、足の裏はアポクリン腺は存在せずエクリン腺から出る汗が分泌されます。

 

 

エクリン腺から出る汗は99%が水分のためほぼ無臭ですが、足の裏が靴などで蒸れて湿気になってしまうことで湿気が好きな雑菌が活性化して、足の裏の角質や垢を分解することによってニオイを発生させます。

 

 

つまりニオイを改善するためには、雑菌の繁殖を抑えるような環境を作ることが重要です。

 

 

このような環境をうまく作れずにニオイが気になるといういう場合には、居酒屋のお座敷や誰かの家に行った時に靴が脱げなかったり、足のニオイが原因で子供が学校でいじめられたりしないか、消臭剤が手放せないなどの不安が出てきてしまいます。

 

 

そんな不安がストレスとなってしまい、体調に影響してくることも考えられます。

 

 

自分で出来る対策としては、食生活も足のニオイの原因となってしまうこともあるため、ニオイの原因となる脂質が多い食事や刺激物、アルコール、ニラやニンニクなどは控えめにして体臭を抑える対策を行ったり、通気性の悪い革靴などはなるべく履かないようにするか、靴を乾燥、消臭や殺菌などの手入れをしていきます。

 

 

また。自律神経や水虫が原因のことも考えられるためそんな時には、医師に相談することなどが大切です。

 

 

その他、疲労やストレスなどで体内に発生する疲労臭もニオイの元になります。疲労臭は不規則な生活やストレスから生まれるもののため、これを防ぐためには十分に睡眠をとったり、過食や過度のアルコールの摂取を辞めるなど生活習慣を見直すことから始めていきます。

 

 

入浴をゆっくり楽しんだり、アロマや好きな音楽を聴くなどをしてストレスを溜めないように心がけることも重要です。

 

 

このような内側や外側からのケアを行っていても、改善されないという場合に便利なのが足のニオイ対策インソール「菌ピタ君」が有効となります。

 

 

 

活性炭よりも強い抗菌力を持つ、竹炭使用のインソールです。

 

通常人間の足は、汗や皮脂、垢、角質などが出ます。

 

 

しかし、出る量や栄養分によって雑菌の繁殖スピードが違ってきます。

 

 

足のニオイが気になる人はお風呂で綺麗にしてもすぐに雑菌が繁殖してしまう状態になっているのです。

 

 

このような状態にならないためには、雑菌の繁殖しにくい環境を作ることが必要となります。

 

 

特に汗のかきやすい靴の中を雑菌の繁殖しやすい弱酸性の環境にするのではなく、繁殖のしにくいアルカリ性にして、汗をかいてもすぐに湿気を取り除き、皮脂や垢、角質などが溜まりにくい環境にすることがニオイ対策には重要と考えられます。

 

 

日本では、昔から湿度を調節するためには炭を使ってきたという歴史があります。

 

 

神社などの床下には湿気対策として炭が使われており、炭の効果によって湿気や雑菌から建物を守っています。

 

 

炭の表面には小さな孔が無数にあいており、その孔が空気中の湿気や雑菌の餌になる汚れを効果的に吸着していきます。また、炭はアルカリ性のため、雑菌の繁殖しにくい環境を作ることもできます。

 

 

つまり、靴の中に炭を入れておくことによって雑菌の繁殖を抑えることができ、足のニオイを改善することにもつながります。

 

 

しかし、炭自体を靴の中に入れるわけにはいかないため、炭を使ったインソールが効果的に消臭効果を発揮します。

 

 

一般的な炭を使ったインソールで使われているのは活性炭を使用しておいます。

 

 

活性炭は空気中の湿気や雑菌の餌になる汚れを吸着させますが、使い続けると炭の表面にある小さな孔がふさがれてしまい、消臭効果がなくなります。

 

 

それに対し、菌ピタ君で使用されているのは、備長竹炭を使っているという特徴があります。

 

 

竹炭は干乾しなどを行うことで吸着していたものを放出するという特性があります。

 

 

つまり、活性炭と異なり、湿気や汚れなどを吸着しても日干しを行うことによって何度でも使用することができるのです。

 

 

また、竹炭には活性ケイ素という強い抗菌作用を持つ物質を含んでいるため、強い抗菌効果を期待することができます。

 

 

足と接触する部分はメッシュになっており、皮脂や垢、角質などが菌ピタ君に溜まって常に靴の中は清潔な状態に保つことができます。

 

 

菌ピタ君の汚れも、天日干しするときに表面を軽く叩くだけで溜まった皮脂などを取ることができます。

 

 

清潔面だけではなく、様々なサイズがあることから自分の靴のサイズにぴったり敷くことができるようになっているのも魅力の一つです。

 

 

薄くて軽いためスニーカーや革靴、ブーツなどどんな靴にも簡単に装着することができ、シンプルなため目立つことなく利用することが可能な商品になります。

 

 

 

使った人の93%が満足している実力派足臭対策用のインソールです。

 

 

汗の臭いは、体を清潔に洗っていても気になったり、時間と共に強まってしまう傾向があります。

 

 

特に、足の臭いは強烈になり得るので、多くの人達にとって解決したい悩みの共通点となっています。

 

 

菌ピタ君は、インソールタイプの足の臭い対策製品で、靴に入れるだけと使い方が簡単なのも特徴です。

 

 

また、足の特徴的な臭いの元、イソ吉草酸を99%消臭する効果が確認済みなので期待大です。

 

 

汗臭の酢酸も99%、アンモニアは95%消臭してくれますから、まさに足の臭いが気になる人の朗報となり得ます。

 

 

従来の製品は、新たな匂いをつけて臭いを誤魔化したり、消臭効果がある製品でも、長持ちしないことが欠点だったといえます。

 

 

しかし、この製品は1日中靴を履いても消臭効果を持続したり、繰り返し使えて長く愛用出来ると評判です。

 

 

効果が薄い他製品は、使い始めに雑菌繁殖抑止力があっても、経時的に抑え込めなくなって、結果的に臭いが強まってしまうと考えられます。

 

 

逆に、菌ピタ君は時間が経つほど菌の抑制効果が高まり、しかもその状態が長く続くといえるでしょう。

 

 

汗を吸収する制汗剤、発汗を抑制する制汗スプレー、これらは部分的に効果があるとしても、雑菌にとって好都合な靴の中では無力です。

 

 

何故なら、足は常に汗を掻きますし、汗や老廃物の行き場がないので、時間が経てばやがて強く臭ってしまいます。

 

 

爽やかな匂いをつけるタイプの製品は、元の臭いが弱い時はまだ良いですが、臭いが強まった後では混ざって異臭へと変化させます。

 

 

これでは、足の臭いを気にせずに済むという、臭いの解決結果は実現しませんから、根本的な解決方法にはならないと分かるはずです。

 

 

消臭クリームも同様で、スプレータイプよりは効果を発揮するものの、菌ピタ君と比べれば雲泥の差があると考えられるでしょう。

 

 

一方で、臭いの元を断ち切る方向に舵を切り、物理的に念入りに洗ったとしても、臭いを抑えて気にならないようにするのは困難です。

 

 

その理由は、雑菌の餌を減らす洗浄を一生懸命に行っても、皮膚が傷ついて抵抗力は弱まり、小さな切っ掛けさえあれば雑菌の繁殖が再発するからです。

 

 

足を清潔に保つこと自体、それは間違いではありませんから、洗浄する時は丁寧に優しく心掛けることが大切です。

 

 

複数の方法を適切に組み合わせれば、過去最高の足の臭い抑制も夢ではなく、足元を意識せずに外出出来る可能性は高まります。

 

 

所が、靴の中は雑菌が好む環境が整っていますから、決定的な解決方法にはならず、再び臭いに悩み続けることになるでしょう。

 

 

靴に入れて使う菌ピタ君は、足が蒸れやすい靴の中を、雑菌が繁殖しにくい清潔な環境に変えてくれます。

 

 

この製品には、臭いや湿気の吸収性に優れる、備長炭が贅沢に使用されています。

 

 

更に、その吸収力は強力で効果が長持ちしますし、通気性の良さも兼ね備えているので、1日中履いても臭いが気にならなくなる結果に結びつきます。

 

 

 

強い抗菌作用を持っている竹炭を使用したインソールです。

 

 

勿論、湿気や臭いの吸収力に物理的な限界はありますが、天日干しでリセットを行えば、何時でも新品同様の感覚で使用することが可能となります。

 

 

使用前は靴に入れるのみ、使用後は取り出し天日で干すだけと簡単ですから、足の臭いが気になる現代人の味方となるでしょう。

 

 

臭いの抑制効果は、人の感覚頼りの嗅覚ではなく、業務用の測定器を用いて客観的に証明されています。

 

使用前と使用後の違いは、数値で明確に公開されていますから、単なる期待感に留まらず、より確実な効果に期待することが出来ます。

 

 

足の蒸れは、気温が上がる真夏に限らず、厚手を履く冬の悩みの種にもなります。

 

 

菌ピタ君は使用する季節を問わず、どのタイプの履物にも柔軟にフィットするので、季節や履物を気にせず検討を行える点が魅力です。

 

 

製品の特徴は随所に現れていますが、中でも湿気の吸収効果は代表的で、汗が止まりにくい真夏もサラッとした足元を実現してくれます。

 

 

足元の余分な水分がなくなれば、雑菌の繁殖は必然的に抑制されますから、蒸れと臭いの両面で抑止効果を感じることが出来るでしょう。

 

 

足と密着する表面は、臭いの原因となる角質を吸着するメッシュ加工が施されているので、感触と合わせて快適性が得られます。

 

 

吸着した角質は天日干しの際に軽く叩くだけで落とせますから、適切な使い方を心掛ければ、常に清潔かつ快適な履き心地を保つことが出来ます。

 

 

肝心の装着方法ですが、サイズは全11種類が用意され、切らずにフィットするように作られているので、面倒な手間なく入れるだけと簡単です。

 

 

軽くて目立ちにくく、靴の履き心地を大きく変えてしまう恐れはありませんし、むしろ快適性が向上しますから、お気に入りの靴がもっと好きになる可能性を秘めています。

 

 

日本は元々、西洋の靴が合わない気候なので、足が蒸れたり臭ってしまうのは仕方のないことです。

 

 

ただ、現代において靴を履かずに生活するのは難しいものですから、菌ピタ君があると快適性が増したり、安心して過ごせるようになります。

 

 

価格は手頃で装着や交換は簡単ですから、複数枚を用意して交互に使用するのが理想的で、これを容易に実現出来るのが他の製品にはない魅力です。

 

 

 

足臭対策が手軽に出来る竹炭使用の話題の消臭インソールです。

 

 

知り合いの家へ行ったり、仕事でお客の家へ訪問したり、洋服などの試着をする時などは靴を脱ぐ事になります。

 

 

靴を脱ぐ時に気になるのが足や靴の中の臭いです。

 

 

普段から自分の足の臭いが気になる人は、自宅以外で靴を脱ぐ場合は足の臭いが気になって脱ぎ難くあります。

 

 

足の臭いに効果のある消臭スプレーを吹きかけておいても、長時間効果が続かない場合があるので臭いを発生してしまう事があります。

 

 

急に靴を脱いで家などに上がる時では、消臭スプレーを吹きかける余裕もありません。

 

 

このような気になる足の臭いを効果的に消してくれるものに、菌ピタ君という便利な消臭グッズがあります。

 

 

従来からある活性炭を使用したインソールタイプの消臭剤などは、靴の中に入れて置くと気になる臭いを消臭してくれます。

 

 

しかし、従来からある商品には、足の臭いを消してくれる効果はありますが、足の臭いの原因までは取り除く事が出来ません。

 

 

そのため、足の臭いを消す効果がなくなると、すぐにまた足の臭いが発生してきます。

 

 

効果も長続きしない商品が多く、気が付いた時には気になる臭いが発生している事もあります。

 

 

このような商品に対して菌ピタ君は、気になる足の臭いを消す効果があるだけではありません。

 

 

気になる足の臭いの原因を根本から取り除くため、臭の原因となっている雑菌が発生し難い環境にしてくれます。

 

 

足の臭いを長時間防ぐためには、臭い消すだけではなく足が臭いを発生する原因から取り除く必要があります。

 

 

長時間履き続ける事が多い靴の中は、温度が高く湿った状態が長く続いてしまいます。

 

 

足から剥がれ落ちた皮膚の角質や垢や皮脂なども靴の中に溜まってしまうため、靴の中は雑菌が非常に繁殖しやすい環境になっています。

 

 

靴の中に繁殖した雑菌から、あの嫌な悪臭が発生してきます。

 

 

足の臭いを根本から消すためには、靴の中を雑菌が繁殖し難い環境に変える事が重要になります。

 

 

靴の中に雑菌を繁殖させないためには、靴の中の湿気を取り除くことや、角質や垢や皮脂などを溜めない事や、靴の中をアルカリ性にする必要があります。

 

 

菌ピタ君は、足と触れる部分がメッシュ状になっているため、角質や垢や皮脂を靴の中に広まる事を防いでくれるので、靴の中を清潔にしてくれる効果があります。

 

 

 

制汗剤や制汗スプレーではさらに足臭を悪化させる原因に!

 

 

材料に使用している炭には、発生している臭いを吸収する効果や臭いが発生してしまう原因を取り除く効果があります。

 

 

また、炭は靴の中をアルカリ性に変えてくれるので、靴の中に雑菌が繁殖する事を防いでくれます。

 

 

また、使用されている備長竹炭は、天日干しをすると炭の中に含んだ臭いや垢などを外に排出する事が出来ます。

 

 

そのため、天日干しを行い軽くたたくだけで、繰り返し利用する事が出来るというメリットがあります。

 

 

従来のインソールタイプの商品は、大きさが決まっていたり、自分で足の大きさに合わせてなければ使用する事が出来ないというデメリットがありました。

 

 

ハサミを使って足の大きさに合わせる事は、なかなか上手に切る事が出来ない場合が多くあります。

 

 

足のサイズに合わせる事が上手に出来ない場合は、靴の中で動いてしまう事になるので履き心地が悪くなります。

 

 

そして、とても歩き難くもなるので、使い続けること自体が難しくなる場合もあります。

 

 

これらの商品に対して菌ピタ君は、足の大きさに合わせるためにハサミで切る必要がありません。

 

 

11種類のサイズが用意されているので、自分の足のサイズに合ったものを購入する事が出来るようになっています。

 

 

作りもとても丁寧な仕上がりで、1足ずつ丁寧に縫製してあります。

 

 

そのため、履き心地がとても良く、靴の中に入れても違和感なく吐くことが出来ます。

 

 

自分の足のサイズが分からない場合は、サイズを測ってから注文すれば自分の足のサイズに合わないような事を防ぐ事が出来ます。

 

 

足のサイズを測る場合は、足のつま先からかかとまでしっかり計るようにしましょう。靴の中でお折れ曲がらないようにするため、菌ピタ君の先は尖っていません。

 

細く尖っているような靴に使用する場合は、自分の足のサイズよりも少し小さめものを注文するようにすると無理なく履く事が出来るようになります。

 

注文したサイズが合わない時には、使用する前であれば商品を取り換える事も出来るので、安心して注文をする事が出来ます。

 

 

菌ピタ君はとても軽く仕上がっている商品なので、靴の中に入れても歩く時に重く感じる事が少ないというメリットがあります。

 

 

また、自分の足に丁度良いたサイズを購入する事が出来るので、歩いていてもずれる事が少なく違和感なく使う事が出来ます。

 

 

デザインがとてもシンプルなので、あまり目立たないというメリットもあります。

 

 

従来の商品のように目立つことが少ないので、周りに人の目を気にしないで使う事が出来ます。

 

 

パンプスやロングブーツやスニーカーや革靴など、様々な種類の靴に使用する事が出来るというメリットもある魅力的な商品です。

 

 

 

薄くて軽いので、どんなタイプの靴でも簡単に装着できます。

 

 

靴を脱いだ瞬間に、ぶわっと広がる異臭。

 

 

靴や足の臭いは、本当に独特で、不快に感じる方がほとんどです。

 

 

家族にも白い目で見られるし、周りにも迷惑をかけていないか不安になりますよね。

 

 

足が臭いと、日常生活にも影響が出ます。靴を履いて、臭いを押し込めいているときはまだしも、それが解放されてしまうと一大事です。

 

 

お客様の家へ上がるとき、学校行事でスリッパに履き替えるとき、座敷の居酒屋へ飲みに行くときなど、意外に靴を脱ぐ機会は多いものです。

 

 

そんな時、足の臭いが凄まじいと、周りの人に臭い、不潔、という印象を持たれてしまいます。

 

 

しっかり石けんで洗っても、デオドラント剤を使用しても、臭いはなくなるどころか激臭になってしまったという方も多いのでは。

 

 

「足の臭いが気になって、本当に辛い。」そのお悩みをキレイさっぱりと解消に導いてくれるのが、「菌ピタ君」です。

 

 

「菌ピタ君」は、足の臭いを徹底対策するために開発されたインソールです。

 

 

こちらを、一般的なインソールとしていつもの靴に入れるだけで、臭いが徐々に気にならなくなるのです。その仕組みと秘密を解説しましょう。

 

 

そもそも、足の臭いは、なぜ臭いのでしょうか?

 

 

足の裏には、汗腺が密集しています。

 

 

それは、手のひらも同じことです。ですが、手のひらは常に外気に晒されており、汗をかいてもすぐに蒸発し、乾くために臭いません。

 

 

しかし、足の裏は、靴下や、ストッキング、そして靴などに密着した状態が長時間続きます。

 

 

そのため、汗が蒸発しないままに溜まっていきます。

 

 

雑菌はこのような高温多湿を好み、足の裏の皮脂や角質を栄養分としてどんどん増殖していきます。

 

 

しかも、皮膚は弱酸性という、もっとも雑菌の繁殖しやすい環境です。雑菌は栄養素を体に取り込むと、排泄物を出していきます。

 

 

これが腐敗することによって、独特のクサさが発せられるのです。

 

 

「菌ピタ君」は、この一連の足の臭いが発せられるシステムに着目し、靴の中に雑菌が繁殖しにくい環境を長時間保つ機能を備えました。

 

 

雑菌の繁殖しにくい環境とは、湿気がなく、皮脂や角質などの雑菌の栄養源が溜まりにくく、アルカリ性であることが挙げられます。

 

 

「菌ピタ君」は、これらの環境を作り出す優れたインソールなのです。

 

 

 

11サイズを用意しているので、ハサミでカットする必要がありません。

 

 

その秘密は、炭です。

 

 

炭は、古来より日本で活用されてきました。神社の床下には炭を敷き、湿気や雑菌から建物を守るという役目も行ってきました。

 

 

炭の表面には、ごく小さな孔が無数に開いています。この孔が、湿気や雑菌の栄養源となる皮脂や角質などを吸着してくれるのです。

 

 

しかも、炭は弱アルカリ性〜アルカリ性という、雑菌が嫌う環境なので、繁殖を防ぐことができます。

 

 

さらに、高品質な備長炭を利用することで、より湿気や雑菌の栄養源を吸着する力をアップさせました。

 

 

備長炭には、活性ケイ酸と呼ばれる成分を含んでいるため、抗菌効果もあるのです。

 

 

一般的な活性炭を利用したインソールは、これまでも多く開発されてきましたが、数日の利用で効果が無くなっているということが分かってきました。

 

 

しかし、こちらの備長炭を利用したインソールは、定期的に天日干しを行うことで、半永久的に効果が持続します。

 

 

それは、備長炭の特性に理由があります。備長炭は、ため込んだ湿気や雑菌の栄養源を、太陽の光のもと、空気中に放出するという特性を持っています。

 

 

そのため、定期的に外に晒し、天日干しを行うことで、より効果が長持ちし、足の臭いも防げるのです。

 

 

ただし、ほつれや破れがある場合は、本来の効果を発揮できない可能性があります。

 

 

「菌ピタ君」は、インソールの素材にもこだわりました。フィット感、快適感にも着目し、足裏に触れる部分はメッシュ素材を採用しています。

 

 

サラリとした履き心地で、通気性も良いです。また、メッシュ素材にすることで、足の裏の皮脂や角質がインソール内部に留まり、備長炭の効果を効率よく生かせるように工夫しました。

 

 

また、細かなサイズ展開で、インソールをハサミで切ったり、靴に無理に合わせたりする必要がありません。子供から大人まで、サイズを自由に選べる豊富さも魅力の一つです。

 

 

また、非常に薄く、軽い素材ですから、どの様な靴でも装着が可能です。スニーカーや革靴、ブーツやスリッパなどにもお使いいただけます。シンプルなデザインで余計な装飾は施していません。

 

 

「菌ピタ君」は、製造方法にも特徴があります。お客様に満足していただきたいから、一足一足を縫製スタッフが丁寧に製造。

 

 

備長竹炭は、最新鋭のマシンを利用し、技術者が常に管理を行う徹底ぶりです。

 

 

このインソールを厳しい管理下のもと製造しており、それが認められ、ISO9001と呼ばれる国際基準に認定されました。丁寧な製造で、満足いく製品づくりを続けています。

 

 

足の臭いにお悩みなら、インソールの見直しから行ってみてはいかがでしょうか。劇的な効果に、きっと驚くはずです。

 

 

>>菌ピタ君 公式サイトはこちらから<<