活性炭インソール

足の匂いインソール おすすめ キャンペーン実施中!




>>菌ピタ君 公式サイトはこちらから<<


備長竹炭を使った菌ピタ君の消臭効果の違い

 

足のニオイや蒸れが気になって、消臭スプレーを使うことや活性炭入りのインソールなどを利用している方も多いのではないでしょうか。

 

 

もっとも、消臭スプレーは爽やかな香りで一時的に足のニオイをカバーするタイプのものも多く、ニオイの元を根本から取り除いてくれるものではありません。

 

 

活性炭による消臭作用は一般的に1ヶ月ほどしか続かず、頻繁に取り替える必要があるので、ランニングコストもかかります。

 

 

従来の消臭アイテムの弱点を解決する足の臭い対策アイテムが、備長竹炭を用いた菌ピタ君です。

 

 

活性炭を使った一般的なインソールと比較するアンモニア消臭試験を実施したところ、30日間使用した活性炭のインソールはほとんど消臭効果が発揮されなくなったのに対し、菌ピタ君は30日経過後も消臭効果が続いていました。

 

 

抗菌試験と吸湿試験においては、活性炭を使った一般的なインソールに比べて約2倍の優れた吸湿性と抗菌防臭効果が立証されています。

 

 

菌ピタ君が優れた消臭作用を発揮できるのは、靴の中に溜まりやすい皮脂や垢、角質を毎日取り除ける構造になっているからです。

 

 

足と接触する部分がメッシュ素材になっているため、皮脂や垢、角質が菌ピタ君に溜まり、靴の中は清潔な状態がキープされ、ニオイの元となる雑菌が繁殖しにくい環境になります。

 

 

菌ピタ君は1日にかく足の汗をコップ1杯分ほど吸収してくれるため、1日使うごとに天日干しする必要です。

 

 

その際、菌ピタ君の表面を軽く叩くと、中に溜まっていた皮脂や垢、角質も除去できます。

 

 

備長竹炭の消臭効果は理論上は永続的と言われていますが、菌ピタ君の表面はメッシュ素材でできているため、摩擦によって劣化してしまいます。

 

 

そのため、一日中、靴を履いている人なら3ヶ月ほど、1日のうち数時間程度なら半年ほどを目安に交換しましょう。